ちょーろーは強くなる!!

越えるべきは憧れる者の背中

チャリダー撮影ライド

死ぬかと思った
人生で1番キツかった・・・

チャリダーの撮影も兼ねた今回のライドは

伊豆半島190km、獲得標高4000m

というもの


メンバー
リオモベルマーレ 才田さん
山神 森本さん
2018年富士ヒルチャンプ 田中さん
2018年乗鞍チャンプ 俊介さん
2018年美ヶ原チャンプ 加藤さん
2018年東京HCチャンプ 宿谷さん

の7名
チャリダーからはお馴染みの猪野学さん


このメンツ訳分からん・・・

せっかくの機会なので参加させて頂くことに👍



ルートは簡単に言うと
箱根旧道➡土肥峠➡戸田峠➡山伏峠➡椿ライン
というエクストリームなルート😇

f:id:s10131104:20181015203509j:plain



箱根の駐車場に僕ら7名に加え、チャリダー撮影班も7:30頃に集まる

ここでオープニングの撮影を終え、いよいよ箱根旧道を登り始める

アップなしということもあってか、話しながらゆっくり登り芦ノ湖へ(助かった)



その後、中伊豆に向けて下山し土肥峠に到着


先頭交代で回していくが加藤さんが先頭に立つと、めちゃくちゃペースが上がり死にそうになる😇
集団からペース落とせとのことで九死に一生を得る

その後、僕もイーヴンペースで引き、森本さんがラストに向けて結構ペースを上げるが全員でなんとか土肥峠通過(キツい)



その後はコンビニで休息をとり、森本さんとは頭文字Dの話をしながら今回最もキツいと思われる戸田峠に向かう

戸田峠に向かう途中の西伊豆のアップダウンもなかなかなペースで脚が削られていく

そんなこんなで戸田峠に到着

コースプロフィールは
7km 8.7%😇



序盤はいつも通り全員でローテーションしていく

加藤さんが補給食を落とし拾いに行ったり、宿谷さんはクランクの不調ということもあり、気づけば先頭は残る5名


余裕があったので先頭に立ってペースを上げていくと、才田さん以外が少し離れる

このまま引き離していこうと思い、才田さんと踏み続けるも後ろから誰かに追いつかれた



加藤さん「やっと追いついたよりょうくん!」

ぼく「('ω').。oO(?????????)」


なんで加藤さんやねん!!!!!!

加藤さん補給食拾いに行って30秒近く差がついたはずなのに・・・



そのまま才田さんと僕を置き去りにしていってしまった・・・

才田さんにもジリジリ離され始め、後ろを振り返れば田中さんも迫ってきてる😇

化け物だらけや😇笑(褒め言葉)



とにかく全力で逃げ続け、なんとか差を広げることに成功し加藤さん、才田さんに次いで3着でゴール


もうこの時点で脚は空っぽ

チャリダーの撮影バイクに「そろそろ僕消えるので今のうちに映しておいてください」と遺言を残しながら次なる峠、山伏峠へ向かう



山伏峠でもやはり僕以外の方は体力がありハイペースで回していく中、僕は少しだけ先頭を引いてあとは後ろに着いていくだけで精一杯

千切れかけるもなんとかこらえ集団で山伏峠通過

宿谷さんは残念ながらクランクのトラブルとパンクにより遅れてしまう



135号線まで下り、コンビニで最後の休憩


みんなが元気に話している中、死にかけて無言でひたすらにヨーグルトと焼き鳥を食べていた・・・笑



休憩しているコンビニから椿ライン麓までの135号線はアップダウン区間

森本さんが前にここで沖縄練ということでぶち上げて才田さんが死に目にあったそうで覚悟を決める😇


案の定森本さんが熱海駅入口の登り区間でめちゃくちゃ踏み始め開始のゴング


田中さんがサラ脚?というレベルで更にペースを上げていき一気に人数が絞られる

気づけば才田さん、田中さん、僕の3名で椿ライン麓に先着



宿谷さんは流石に危険ということで、椿ラインに向かわず135号線で箱根へ

ラストクライム!!!!!



椿ラインが始まると加藤さんが先頭で引き始める

番手で着いていくもなかなかキツイ・・・

気づけば森本さんと才田さんは居なくなっていた・・・


頭文字Dで拓海がエンジンブローした竹やぶ区間あたりから先頭交代し引いていく

その後、4人でローテーションして残り距離を減らしていく

今年の乗鞍、富士ヒル、美ヶ原チャンプと走れることに喜びを感じながら()



しかし一緒に走れるのも束の間・・・
残り5kmの平坦区間で田中さんが軽くアタック

俊介さん、加藤さんが離れ、僕も離される😇

なんとかブリッジして田中さんに追いつくと「そう!ここでついてこないと!」的な感じで軽く話しかけてくるも僕は返答できず笑

すぐさま2発目のアタックが来てさよなら~(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))。₀: *゚✲

俊介さん、加藤さんにもパスされ単独走

残り4kmでハンガーノックになり、死にかけながらなんとかゴール!



田中さん散々引いたり積極的な走りして最後にあの体力

俊介さんレース翌日であの体力

加藤さん、三味線三昧!速すぎます!!!



憧れる背中達はまだまだ程遠いようです笑



その後、森本さん、才田さんも無事登頂し、全員で集合写真!

f:id:s10131104:20181017215328j:plain



んー!顔が死んでる!!!!


あとはゆっくり下山してスタート地点の箱根に到着

完走後のインタビューに答えて全員に挨拶し無事地獄の伊豆4000ライド終了



前日10/13の夜には才田さんを除く6名で夕飯

その日は僕の誕生日ということもあり皆さんに奢って頂いたり、本当にありがとうございましたm(_ _)m


また参加したいと思いますのでその時はよろしくお願い致します。



さぁ、箱根ヒルクライム頑張ろう!!(まだ疲労抜けてないけれど・・・)

東京ヒルクライムHINOHARAステージ

東京ヒルクライムは2016年の檜原ステージ以来だったので、2年ぶりの参加

2年前は・・・
檜原ステージ年代別優勝

f:id:s10131104:20181009185248j:plain

懐かしい・・・笑



今年の檜原ステージはなんだか面子が濃い!濃すぎる!!!!
加藤さん、宿谷さん、岩島さん、長島さん、matさんはかなり危険と予想



第1ウェーブのレースがスタートすると何人かが逃げていくが集団は泳がしサイクリングペース

しかしあまりにも遅いと第2ウェーブの下克上も有り得るので、先頭でペースを上げていく

加藤さんも引いてくれ、しばしこんな感じで展開


途中、加藤さん、宿谷さん、ぼくの3人が固まる場面があり来週参加させて頂く練習会!?の不安を共有したりしながら・・・😅

途中で岩島さんがアタックしたりして集団もそれに合わせてペースが上がり少しずつ小さな集団になっていき、残り8kmあたりで集団は30人ほど


残り8kmあたりから本格的な登りになり、加藤さんが単独で消えていく😇

速すぎてもはや誰も追えない・・・


加藤さんのペースアップで一気に集団が破壊され、残るは宿谷さん、岩島さん、長島さん、matさん、福島さん、ぼくの6名 (他に忘れている方がいらしたらごめんなさい)


残り7kmで長島さんが単独で逃げ始める

檜原ステージのラスト2kmほどは下りと平坦の区間

その区間で岩島さんや宿谷さんと一緒にいると勝ち目はない

ここでアタックして逃げるしかないと読み、長島さんの逃げに乗る



しかし長島さんのペースが速く、このまま着いていったら俺が死ぬと思い離れる

長島さんの後ろ50mをウロウロ走っているとmatさんが追いついてくる

ここから2人でローテを回していき、残り5kmで長島さん吸収

吸収して後ろを見ると、
岩島さん、宿谷さん、福島さんの3人集団が30mほど後ろにいる😨


あーこれ吸収されたらマジで死ぬやつや😇とか思いながら長島さん吸収した瞬間、田中さん直伝の「ペッ!×0.2」くらいのアタックをしてそのままペースアップ

Matさん、長島さんを引き離すことが出来たので
あとは残り5km逃げるのみ!!!!

が、なかなか差が広がらない😇



ぼく ➡ matさん&長島さん ➡ 岩島さん&宿谷さん&福島さん

という2つの集団に追われる展開

しかも勾配も緩いため後ろの集団の方がペースが速くなると思うと、、、

もはや半泣きになりながら逃げ続ける


しかし

都民の森で30人ほどの応援があり、かなり気持ちいい

なんなら僕が先頭なんじゃないかってくらいの声援があり長島さん&matさん集団とのタイム差15sと告げられる

僕と岩島さん集団とのタイム差も知りたかったが、ここからもう一段階ペースを上げていく


f:id:s10131104:20181009191815j:plain

f:id:s10131104:20181009191836j:plain

撮っていただいた写真。ありがとうございますm(_ _)m



すると残り2kmほどで後ろが見えなくなり逃げ切れると確信()

とにかく死にものぐるいで下りと平坦を踏んでいきなんとか逃げ切ってゴール


どうやら長島さんとmatさんは岩島さん集団に吸収されてしまったよう

しかも僕も7s差まで詰められていた・・・

恐ろしすぎる(*_*)



垂れるの覚悟で残り5kmから逃げてよかったなと思うと同時に、加藤さんに負けたのがやはり悔しい

三者からすれば勝てるわけないの一言で片付いてしまうのだろうが、いくら格上だろうと悔しいものは悔しい

悔しいなら練習するだけなのだ

来シーズンは少しでも戦えるようになりたいので、冬頑張ろう💪



普段一緒に練習させて頂いてる百参るの会からも入賞、優勝など嬉しい結果が!

自分が腐ることなく練習し続けられているのも、百参るの会のみなさんのおかげ

百参るの会に限らず、レースで戦った方々、声をかけてくださった方々今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m



~表彰式~

f:id:s10131104:20181009194951j:plain

f:id:s10131104:20181009195047j:plain

f:id:s10131104:20181009195124j:plain

f:id:s10131104:20181009195203j:plain

f:id:s10131104:20181009195216j:plain


長島さん自撮りするのに間違えて観客の方を撮ってしまった写真↓笑

f:id:s10131104:20181009195231j:plain

じゃがいも君可愛い!



百参るの会のみなさんと

f:id:s10131104:20181009195403j:plain

f:id:s10131104:20181009195423j:plain

f:id:s10131104:20181009200135j:plain



やっぱりレースは素晴らしい!

たくさんの人と会えるし、練習してきたものをぶつけ合って優劣がついて、悔しくてまた練習して、どこかでまた戦う

このサイクルがとてつもなく楽しいなと思えた今シーズンも残り僅か

箱根ヒルクライムは勝ちたい!!!!!!

マウンテンサイクリングin乗鞍

乗鞍もチャンピオンクラスで挑むぞ!!

意気込みを入れるも届いた封筒には男子Bの文字が😇

エントリーミスをしたようだ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年もマウンテンサイクリングin乗鞍に参戦してきました

プロローグに書いた通り、自分の凡ミスによりチャンピオンではなく年代別での出場(交渉するも叶わず)

「年代なら優勝以外は負けも同義」

自分に最大級のプレッシャーを与え年代別で戦うことを決意

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当日は3:30に会場入り

車の中でアップする時間まで爆睡

その後アップと荷物預かりを済ませて、各選手に挨拶し真ん中辺りに陣取る


レースがスタートすると一気に先頭までジャンプアップ

予想していたメンバーを含む総勢20名ほどの第1集団が形成される

三本滝までの間で長島さん、小林くんが逃げたりするも自分は反応せず集団に「泳がせておこう」と声をかけ、後半に備える展開にもっていく

三本滝までに吸収

とにかくかなりのスローペースで息も上がらずタイムはお察しになるだろうなと思いながら三本滝通過


その後もスローペースが続いたので1度ペースを上げ、揺さぶりをかけてみると10名ほどにまで減る

優勝候補の選手はもちろん残っているが少人数になったので、展開が作りやすくなった

しかし、なかなか集団のペースが上がらず・・・

かといって自分単独で引き続けるのもかなり怖いし、引き続けて勝てるほどの力は間違いなくないのだ😂

ここで「例え何分かかろうとレースは勝てばいいのだ!」と冷静になり、「位ヶ原で本気アタックをする」と決意し位ヶ原まではローテをイーブンで回す程度にする

途中何度か永塩くんや小林くんなどによるペースアップもあったが、決定的な場面はなく集団のまま位ヶ原へ


位ヶ原を通過して残り4.5kmのところで先頭に立ちシッティングでアタック

着いてくるのはMIVROのなるさんだけ

アタックのペースをしばらく保つとジリジリと距離が開き始めたので、すかさずもう一段階ダンシングでペースアップ

これが決定打となり単独での逃げを開始


なるさんとの距離が開いていくにつれて優勝という文字が目の前にちらつき始め、パワーもみなぎる

そのまま30秒ほどの差をつけてゴール!


男子B 優勝👑🏆


GOCHIの谷さんにゴールシーンを頼まれていたのを慌てて思い出し、コンタドールをチョイス

f:id:s10131104:20180827224601j:plain

f:id:s10131104:20180827224626j:plain


山頂では普段地元のヤビツ峠を中心とした練習会「百参るの会」に参加しているのだが、そのメンバーのノリスケさんとパシャリ

f:id:s10131104:20180827224838j:plain


表彰式で実際にチャンピオンジャージを贈呈されると、年代別だが乗鞍チャンピオンジャージ。めちゃくちゃ嬉しい😍

f:id:s10131104:20180827225042j:plain

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年代別での出場、優勝しかないと言っておきながらも面子はなかなか濃く、かなりのプレッシャーを感じていた

そのプレッシャーがあった故、序盤から積極的にいく走りは出来ずラストの位ヶ原以降で確実に仕留める走りをした

そのためかタイムは59分フラットとかなり遅い

しかし思惑通りの展開をすることが出来、優勝は達成することが出来た。位ヶ原までのサイクリングペースを飛び出したい欲をなんとか抑え、残り4.5kmで仕掛けて得意の逃げ切り勝利に持ち込めたのは収穫だと思う

乱暴な走りをしなくなってきたので、これは1つ成長した点として捉えてもいいかもしれない👍


レースはTTではない。自分の得意な展開にもっていくような走りをすることが大切。逆に支配されれば勝ちは遠のいていく

練習では峠のタイムを更新するような走りを普段からしているが、それ以外にもやっぱり人と走り千切り合うような練習も必要だと感じた

田中さんのブログにもあったが、人と走る練習が1番大切なのかもしれない



なにはともあれ、年代優勝を有言実行できて嬉しいと同時にかなりホットしている笑笑笑



次は赤城山HC チャンピオンクラス

厳しい戦いになるだろうけれど、自転車というものを楽しみながら強くなっていき万全の状態でのぞみたい😁👍👍👍


最後に、

応援してくださった方々
乗鞍前に練習御一緒してくださった方々

ありがとうございましたm(_ _)m


まだまだチャンピオンクラスで常に上位を戦える力はありませんが、そうなれるよう頑張っていくので、今後ともTeamGOCHIのりょうをよろしくお願いしますm(_ _)m


PS

乗鞍の出店ブースで買ってしまったサングラス

見え方が最高!

流石、カメラのレンズメーカーが作るものだ!

f:id:s10131104:20180827231105j:plain

枝折峠HC

8/5(日)
新潟県南魚沼で開催された枝折峠HCに
チャンピオンクラスで出場してきました


マウンテンサイクリング in 乗鞍の前哨戦
として毎年参加する方が多いこの大会

今年はどうやらメンバーが豪華すぎる
とのことで急遽参加することに

前哨戦として出るつもりが
乗鞍よりもレベルが高い😇




~レース当日~

前から3列目に位置をとる

枝折峠の序盤3kmほどはかなり勾配が緩い
プロフィールということで逃げやアタック
はないと思い、スタート位置にはそこまで
気を遣わず

レースがスタートすると予想通りの
集団走行という展開


しかし1.5kmほどで小林くんが逃げるが
集団は追わない

少しして吸収し振り出しの展開


本レースの優勝第一候補である加藤さんがやはり
先頭で引き、その後ろに良太さんがついていく展開

この時点でかなりキツい・・・

今までと脚の調子が明らかに違った
「こりゃ前なんか引けないし着いていくので
精一杯だ。。。」


その後も
加藤さん、良太さん、長谷川さんを中心として
展開していき、その次に自分がなんとかしがみつく


途中の緩い区間になるところでまだ集団が
大きいので人数減らすためにペースをあげる

ペース上げたつもりが全然人数が減らず



このあと先頭交代した加藤さんがペッと踏んだのか
気付かぬうちに差が開く

まったく反応出来ず見送り・・・

加藤さん単独逃げ?に対して
長谷川さん、僕の2人で追う展開

しかし差が開く一方で僕は既に脚が死亡😇



そんな中後ろから佐藤さんが追いついてきて
2位争いは3名に

3人でローテしていき終盤の三段腹?とかいう
頭のおかしい区間に突入

10%を超える区間と緩む区間が計3回続くという
脚にガンガンくるとにかくシンドかった区間


ここで長谷川さんが千切れ佐藤さんと2人での展開

僕は着いていくだけで限界

が、残念ながら徐々に差が開いていき20mほど先行される

これ以上の差は許さずと必死に踏んでいくが
差が縮まらない

ゆるい区間で差が縮まり、再びきつい区間
差が開く

そんなことを繰り返し結局残り1kmでは姿が見えず
完全に気持ちが切れる



しかし後ろを振り返ると長谷川さん迫ってる😇


最後1kmはもうほぼ記憶にない

そのくらいキツく早く終わらないかなぁなんて
思いながらなんとか逃げ切ってゴール




チャンピオンクラス3位、総合3位

f:id:s10131104:20180807194537j:plain



今までで一番きついレースだった

5kmで脚が止まってしまい、全然踏めなかった

ホイールのテンション緩んでるんじゃないか?と疑ってゴール時に確認するほど



チャンピオンクラス3位という結果だったが、
悔しさが先行してしまう

何も出来ずにレースが終わってしまった


悔しいがこれが今の実力なのだ😨



乗鞍は自分のエントリーミスで年代別になり、更に
その週に新人研修として3日間の自衛隊研修があり、ベストコンディションにもっていくのは厳しい


と、今年の乗鞍は萎えポイントが多いため

赤城HCをメインレースとしてメニューを組み、調子を上げていきたい!



赤城HCチャンピオンクラスで優勝したいなぁ…



チャンピオンクラスで優勝することが目標だが、今の実力では全然足りない


自転車を競技として始めて今が1番楽しい

トップクライマーに挑むことが楽しくて仕方がない


練習はホントにキツくて辞めたくなるけれど、
表彰台から見る景色を思い返すと頑張れる

これからもたくさん思い返すことになるだろうけど、怪我なく楽しんでやっていこう!

ツール・ド・美ヶ原

昨日はツール・ド・美ヶ原に参加してきました

昨年は男子Bで優勝したので今年はチャンピオンクラス

前日にスタートリストを見ると「乗鞍のチャンピオンクラスかな( ¨̮ )??」と思わせるほどに国内屈指のトップクライマーが名を連ねている😇


「あぁ・・・入賞は厳しそうだ・・・」


当日は4:45に会場入り

5:30から30minほどローラーにてアップ

10minアップ→クリスクロス×2→ダウン5min

f:id:s10131104:20180702172444p:plain



7:00にスタート位置に向かうとスタッフさんから「佐々木さんには選手紹介をして登場してもらい先頭に整列してもらいます」


ぼく「( ¨̮ )??」

どうやら昨年男子Bで優勝してのチャンピオンクラスの出走になるので選手紹介してくださるそう


登場シーン↓
https://twitter.com/SweetBicycle318/status/1013190184534401026?s=19

他の選手紹介のメンバーは名が知れ渡った選手ばかりで完全にアウェー😇

f:id:s10131104:20180702182713j:plain



そんなこんなであっという間にチャンピオンクラススタート!!!!!


序盤の激坂区間に入ると、加藤さんは1人でいってしまい、自分を含めた9名ほどの第2集団とどんどん差が開いていく

自分は集団から落ちないように走るので精一杯


しかし2.5km地点で宿谷さん、狩野さん、ぼくは30mほど集団から離されてしまう

3.5km地点で激坂区間が終わり美鈴湖畔の約1km平坦区間を3人でローテを回し集団に追いつく


美鈴湖畔の平坦区間が終わり再び登り区間に突入する頃には第2集団は森本さん、長谷川さん、大島さん、中村さん、清宮さん、宿谷さん、狩野さん、ぼく


ペースはそこまで速くないので自分も時々ローテに加わる

7.5km地点あたりで清宮さんがジャブを打ってペースが上がり、このあたりで宿谷さん、狩野さんが千切れてしまう


しんどいけれどなんとか我慢

しかし距離を重ねるにつれて余裕が出てくる

このままいけば入賞に絡めるかも?と少しばかしの期待が見え始める


気づけば集団は森本さん、中村さん、清宮さん、ぼくの4名


17km~ゴールは平坦と下りの高速セクション

つまり登り区間が終わる17km地点で並ばれていると間違いなく自分に勝ち目はない

余力があったのもあり、13km地点あたりから何回かペースアップをする


少し差が開くがジリジリと差を詰められる

ダメだ・・・全然千切れる気がしない・・・😇


諦めず更に2回ほどペースアップして積極的に動くがなかなか千切ることができない


しかし16km地点あたりで清宮さんが離れ、森本さん、中村さん、ぼくの3人になる


ここでもう1発だ!!!!!


最後の一撃にかけて長めに踏んでいく

16.5km地点で30mちかく差がつきこのまま逃げようと試みるも2人に追いつかれ逆にそのままいかれてしまう・・・


こっちは完全に脚が終わってるので見送るだけしかできず・・・

平坦&下り区間に突入し、まだ30mほどの差なので追いつけるようぶん回していく


60~70km/hくらいで下りを攻めても前の2人に追いつけない

しかも後ろを見ると清宮さん近づいてる😇😇😇



残り500mの登り返しでアウターのままゴリゴリ踏んでいくも清宮さんのゴリパワーの前では無力

一瞬でいかれてしまった・・・

気持ちが切れてしまい残りは流してゴール


レースの最終局面で森本さん、中村さん、清宮さんにキレの良さ、爆発力の違いを見せつけられ、レース終盤で勝負を決める力が自分にはまだ皆無だと思い知らされる

身の程知らずにペースアップしたのが恥ずかしくなります(*_*)


しかし加藤さん、森本さん、中村さん、清宮さんに続いて5位入賞!!!

チャンピオンクラスで入賞出来た・・・

そんな思いが頭の中を駆け巡り、ゴール後してしばらくは達成感でボーッとする


先着された方に挨拶をして、その後はGOCHIのメンバーや知り合いの方と楽しくトークをして下山


表彰式前に加藤さんが話しかけて下さり練習メニューなどの話をする

大島さんには「GOCHIがグランペールに勝ったと思うなよ!こっちにはまだエースがいるんだ!」と笑

まだまだ敵いませんよ笑


f:id:s10131104:20180702180138j:plain

f:id:s10131104:20180702180200j:plain

f:id:s10131104:20180702180216p:plain

f:id:s10131104:20180702182527j:plain

f:id:s10131104:20180702182634p:plain


今シーズンは乗鞍がミスによりチャンピオンクラスではなく年代別ということもあり、ツール・ド・美ヶ原をメインレースとしていました


そのメインレースで入賞することが出来たので大満足です


しかし人間は欲深き生き物で、チャンピオンクラスで優勝したいという思いが大きくなっています

そのためには今の実力ではまだまだ足りません

練習メニューも更にきつくしていかないといけません


優勝するにはまだまだ甘ちゃんなので生活リズムも含め改革をしていかないといけません

さらにもっともっと強くなりますので、応援のほどよろしくお願いしますm(_ _)m


PS

TeamGOCHIには以下の綺麗なマネージャーがいますよ!皆さん入りませんか?(大嘘)

f:id:s10131104:20180702182049j:plain
TeamGOCHI ft.松本ガール

ヒルクライム in 王滝村

昨年は男子A3位、総合6位で終わってしまい悔い残るレースだったヒルクライム in 王滝村

今年も富士ヒル選抜を獲得するべく参加!


長野県の御嶽山を舞台とするヒルクライムレースで総距離24km、平均勾配5.3%の超級ヒルクライム。そして景色やコースがとにかくいい!!!(登ってるときはまるで見やしないけども😇)



今年はチャンピオンクラスとTTTにエントリー


前日はレース会場から30kmほどのところにあるホテルでのんびり過ごす(TeamGOCHIの弟とあめちゃんも同じ部屋)

f:id:s10131104:20180528200532j:plain



19時頃になると多くの食べ物屋さんが閉まってしまい、営業している店を探すのが大変だった笑

なんとかやってる店を見つけ、ご当地???のグルメや温泉を満喫




当日は3:00に起床し、レース会場に5:20到着

受付が6:00~6:50、レース開始は8:00なのでアップするにはまだ早いと思い、車の中でぬくぬく



しかし

気づいたら僕は爆睡しており結局アップは5分しか出来ず急いでスタート地点へ😇(要反省)



先頭から20mほど後ろのところにTeamGOCHI3人で陣取る


すると様々なレースでお世話になった3名ほどの選手が声をかけに来てくださり、楽しく雑談(しつつ相手の調子を伺う心理戦は既に始まっていた)




話が盛り上がっているところでレーススタート時刻


このレースは最初の3.5kmほどの平坦区間はローリングで、激坂区間の入口からレース開始となる



ローリングの平坦区間であめちゃんとポジションを先頭から10番手あたりまでに上げる


ローリングが終わりレースが開始するとロケットスタートのごとく30名ほどが飛び出していく


すぐに降ってくるのは恒例なので、あめちゃんと僕はマイペースで登っていき1kmしないうちに先頭集団に追いつく

このとき先頭集団は10名ほどだったが、さらにそこから30mほど前に優勝候補の宮津選手と去年総合5位の石川選手の2名がいる


行かせてはいけないペアなので単独でブリッジ

追いつくとすぐさまあめちゃんが先頭に立ち引き始めるが2番手の宮津選手が少し離れている

僕は宮津選手の後ろで様子見


宮津選手があめちゃんに追いつきそのまま先頭に立ち僕は2番手

そこからは宮津選手と僕の2人でローテしていく展開になるが1kmほどで宮津選手と僕から集団が20mほど離れる


その後僕が先頭に立って引くと宮津選手も少し離れる

24kmのヒルクライムで開始5~6kmほどから逃げる気はさらさらないし、逃げ切れるとも思ってないので少し待つ

その後宮津選手が追いつくがしばらくすると、また少し離れる展開になり、集団はそこから40mほどさらに後ろにいる


ペースは抑えているが集団は離れていき宮津選手もぴったりついてくる様子もないので開始8km地点から逃げ切りにシフト(苦渋の決断)

そこからは吸収されても戦える分の余力を残せる程度のペースまで上げて逃げていく



中間地点の12kmほどで集団は見えなくなり、宮津選手は30mほど後方


残り7kmあたりから勾配がかなりキツくなるのでとにかくそこまでは余力を残すペース配分


残り7km地点に差し掛かると、宮津選手は40mほど離れており、僕はペースアップする余力も残っているのでおそらく逃げ切れるだろうという期待が出てくる



そのまま距離を減らしていき、無事逃げ切り優勝!

ゴールポーズもせっかくなので決めておいた💃📷(写真は後日)




宮津選手とは30秒近く差をつけていたと思っていたのだが、リザルトを見ると17秒差...

f:id:s10131104:20180529064543j:plain


後半意識が飛びそうなくらい踏んでいたのにジリジリと差を縮められていたらしい...


恐ろしい



しかし


3位以降の選手には単独で逃げて3分以上の差をつけられたのは嬉しいし良かったと思う




今回はレース展開がほぼなく残り16kmを逃げ切るという気持ちいいレース内容だが、味気のないブログになってしまった笑



何はともあれ、ひとまず来年の富士ヒルは選抜として走れるので一安心!!!



TeamGOCHIからは総合優勝(僕)、男子A優勝(あめちゃん)、男子A5位(弟)、TTT総合優勝と見事なインフレ


少しは宣伝出来たかな?


f:id:s10131104:20180528203700j:plain


f:id:s10131104:20180528204034j:plain




次戦はツール・ド・美ヶ原の予定だが、6月のJBCF富士山ヒルクライムに出場するかも('ω').。oO(?????????)


2戦2優勝でE1に上がるのが目標なのでもしJBCF富士山ヒルクライムに出るようなら達成出来るよう頑張ろうと思う👍

富士ヒル選抜

ついに...

今週末は長野県の御嶽山で開催されるヒルクライムイン王滝村


このレースはクライムジャパンシリーズに登録されている。総合3位以内の選手は、富士ヒル選抜を獲得することができる

そのためレベルが結構高く去年も大苦戦した😇



今年はTeamGOCHIからあめちゃんと弟も参戦なのでチーム戦にも併せてエントリー


ここんとこ、調子がかなり良く

ヤビツ 26:37

山伏峠 11:26
f:id:s10131104:20180522062320p:plain

乙女峠 14:32
f:id:s10131104:20180522062407p:plain

箱根旧道 31:59
f:id:s10131104:20180522062436p:plain


タイムもかなりインフレしてきている

まぁ、タイム良くてもレースで勝てなければ意味がないのだけれど...


おそらく練習メニューを去年からガラッと変えたのが効いてきているのだと思う


来年富士ヒル選抜として走るためにも今週末のレースはかなり重要になってくるのでしっかり疲労を抜いてのぞもう!


PS

今年は乗鞍ではなく美ヶ原がメインレースになりそうだ😇(会社のスケジュール的に)

チャンピオンクラスでも表彰台立てるよう頑張るしかない!!!