ちょーろーは強くなる!!

越えるべきは憧れる者の背中

枝折峠HC

8/5(日)
新潟県南魚沼で開催された枝折峠HCに
チャンピオンクラスで出場してきました


マウンテンサイクリング in 乗鞍の前哨戦
として毎年参加する方が多いこの大会

今年はどうやらメンバーが豪華すぎる
とのことで急遽参加することに

前哨戦として出るつもりが
乗鞍よりもレベルが高い😇




~レース当日~

前から3列目に位置をとる

枝折峠の序盤3kmほどはかなり勾配が緩い
プロフィールということで逃げやアタック
はないと思い、スタート位置にはそこまで
気を遣わず

レースがスタートすると予想通りの
集団走行という展開


しかし1.5kmほどで小林くんが逃げるが
集団は追わない

少しして吸収し振り出しの展開


本レースの優勝第一候補である加藤さんがやはり
先頭で引き、その後ろに良太さんがついていく展開

この時点でかなりキツい・・・

今までと脚の調子が明らかに違った
「こりゃ前なんか引けないし着いていくので
精一杯だ。。。」


その後も
加藤さん、良太さん、長谷川さんを中心として
展開していき、その次に自分がなんとかしがみつく


途中の緩い区間になるところでまだ集団が
大きいので人数減らすためにペースをあげる

ペース上げたつもりが全然人数が減らず



このあと先頭交代した加藤さんがペッと踏んだのか
気付かぬうちに差が開く

まったく反応出来ず見送り・・・

加藤さん単独逃げ?に対して
長谷川さん、僕の2人で追う展開

しかし差が開く一方で僕は既に脚が死亡😇



そんな中後ろから佐藤さんが追いついてきて
2位争いは3名に

3人でローテしていき終盤の三段腹?とかいう
頭のおかしい区間に突入

10%を超える区間と緩む区間が計3回続くという
脚にガンガンくるとにかくシンドかった区間


ここで長谷川さんが千切れ佐藤さんと2人での展開

僕は着いていくだけで限界

が、残念ながら徐々に差が開いていき20mほど先行される

これ以上の差は許さずと必死に踏んでいくが
差が縮まらない

ゆるい区間で差が縮まり、再びきつい区間
差が開く

そんなことを繰り返し結局残り1kmでは姿が見えず
完全に気持ちが切れる



しかし後ろを振り返ると長谷川さん迫ってる😇


最後1kmはもうほぼ記憶にない

そのくらいキツく早く終わらないかなぁなんて
思いながらなんとか逃げ切ってゴール




チャンピオンクラス3位、総合3位

f:id:s10131104:20180807194537j:plain



今までで一番きついレースだった

5kmで脚が止まってしまい、全然踏めなかった

ホイールのテンション緩んでるんじゃないか?と疑ってゴール時に確認するほど



チャンピオンクラス3位という結果だったが、
悔しさが先行してしまう

何も出来ずにレースが終わってしまった


悔しいがこれが今の実力なのだ😨



乗鞍は自分のエントリーミスで年代別になり、更に
その週に新人研修として3日間の自衛隊研修があり、ベストコンディションにもっていくのは厳しい


と、今年の乗鞍は萎えポイントが多いため

赤城HCをメインレースとしてメニューを組み、調子を上げていきたい!



赤城HCチャンピオンクラスで優勝したいなぁ…



チャンピオンクラスで優勝することが目標だが、今の実力では全然足りない


自転車を競技として始めて今が1番楽しい

トップクライマーに挑むことが楽しくて仕方がない


練習はホントにキツくて辞めたくなるけれど、
表彰台から見る景色を思い返すと頑張れる

これからもたくさん思い返すことになるだろうけど、怪我なく楽しんでやっていこう!